ほうれい線をヒアルロン酸注射で解消!その内容とは?

ほうれい線 ヒアルロン酸注射,ほうれい線 ヒアルロン酸注入

ほうれい線に効く化粧品でしっかりとケアしても、改善できない法令線を消すには美容整形治療をするしか方法はありません。

 

ほうれい線の治療メニューとして一番人気なものは、ヒアルロン酸の成分を注射で注入するという手術です。

 

ヒアルロン酸注入治療はリスクが低く、気軽に行なえてカンタンにほうれい線を消せることから受ける女性も多いんですよね。

 

それでは、ほうれい線へのヒアルロン酸注射について、詳しくいろいろと見て行ってみましょう。

 

ほうれい線をヒアルロン酸注入で消す手術とは?

ほうれい線 ヒアルロン酸注射,ほうれい線 ヒアルロン酸注入

注入治療というのはFillerと言われていて、注射によって成分を肌の中へ入れるものをいいます。

 

その中でも親しまれているのが、ヒアルロン酸注射ですね。内容としては、ヒアルロン酸をほうれい線に沿って部分部分に注入して、まったく目立たなくするというものです。

 

ヒアルロン酸の注入量が多いと皮膚が盛り上がってしまい、逆に不自然になってしまうので少しずつ様子を見ながら調整します。状況によっては一日で終えずに、数日に分けて行なうケースもありますが・・・大抵は一日で終わる場合が多いです。

 

ヒアルロン酸という成分は糖の一種で、アレルギー反応が出る心配がなく安全性に優れています。

 

治療が終わってすぐにメイクをすることも可能です。ただし、注射した部分が皮下出血を起こして紫色になることがあり、この場合は長いと1〜2週間消えないこともあります。

 

ほうれい線のヒアルロン酸注入の費用やデメリット

費用

相場は1回7〜10万円です。

 

効果の持続

治療後の効果は、半年から1年間程度です。

 

デメリット

ヒアルロン酸の弱点は、額などの薄い皮膚に注入するのに向かないという点ですが・・・ほうれい線には適しています。しかし、効果の持続が長くても1年しか持ちません。完全に治るわけではなく、定期的に行なわなければならない点はデメリットといえるでしょう。

 

また、まったく失敗がないわけではなく、注入物が多すぎると目立つようになってしまいます。この辺りは医師の技量によるものなので、しっかりとしたクリニックで受けるようにしましょう。

 

あまりに酷い場合は、分解を促す薬を投与すれば解消されます。

以上、ほうれい線の注入治療についての詳細となります。

 

ほうれい線に効く化粧品美顔器などのケアでは物足りないということであれば治療を選択するのも良いですが、事前にしっかりと相談ができて信頼できるクリニックや医師を選ぶようにしましょう。

ほうれい線をヒアルロン酸注射で消す!もっとも効く治療方法はコレ!関連ページ

レチノイン酸ケア
ほうれい線化粧品に含まれる成分の中で、一番効果が期待できるレチノールよりも強力なのが同じビタミンAの一種であるレチノイン酸です。皮膚科に診察に行き、レチノイン酸を処方されるまでの流れについて解説します。
イオン導入&ピーリング
皮膚科治療の人気メニューの一つとして、ビタミンCイオン導入とケミカルピーリングをセットで行なうというものがありますが・・・ほうれい線のケアにも大きく役立ちます。具体的な内容について説明して行きます。